【シャドバ】絢爛のセクシーヴァンパイアがマリガンで来てしまう問題。【復讐ヴァンプ】

スポンサーリンク
マリガンで来るセクシーヴァンパイア Shadowverse
スポンサーリンク

ナーフ候補筆頭の復讐ヴァンプ

シャドバ新弾実装から3日経ち、そろそろ環境も固まりつつありますね。

初日に散々暴れたエイラビショップは段々と落ち着きを見せ、
事前評価であまり注目されていなかった復讐ヴァンパイアが実は最強格だった、というのが共通認識になりつつあります。(ちなみに記事作成日6/30に開催されたJCGでは、なんと決勝T進出16人全員が復讐ヴァンプ採用です。)

そんな “鬼がかってる” 復讐ヴァンプですが、問題点の1つとして「マリガンで『絢爛のセクシーヴァンパイア』を引いてしまう」というものがあります。

 

「あなたにとって、最後の恋。」

 

手札が微妙な時に思い切って3枚マリガンしてみたら、このカードが返って来て顔がヤバくなった経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。

別にこのカードをマリガンで引いてしまっても、後からもう一枚トップして復讐状態にできればそれはそれで問題ないかもしれません。

ただ、最初から引いてしまったら単純にその確率が下がるというのと、セクシーヴァンパイア自体は8コスなので終盤まで使えない+スタッツと性能がそこまで強くはない、というのもあり、極力マリガンでは返ってきて欲しくないカードです。

そこで今回は「カードを何枚マリガンした場合、どの程度の確率でセクシーヴァンパイアが来てしまうか?」という点について、具体的な確率を計算して表でまとめました。

 

スポンサーリンク

セクシーヴァンパイアをマリガンで引いてしまう確率

↓肝心の「セクシーヴァンパイアをマリガンで引いてしまう確率」がこちら。↓
スマホの方は見づらいと思いますがズームして見て下さい。すみません。

※セクシーヴァンパイアが3枚あるのにキープを行う、等のありえないパターンについては「なし」で表記

上記の表のようになります。ちょっとごちゃごちゃしてますね。

この中でも一番現実的に悩むようなパターンは「セクシーヴァンパイアが初期ハンドにない場合」で、かつ3枚か2枚返すような場合だと思います。従って、

セクシーヴァンパイアが手札にない場合「全部の手札を返すと23%、2枚の手札を返すと15%、マリガンでセクシーが来てしまう」”

ここだけ掴んでおけば十分でしょう。
この点だけでも何となく覚えておくと、マリガン感覚の補助輪になると思います。

 

スポンサーリンク

復讐ヴァンプはそれ以外にも難しい点が。

復讐ヴァンプは、マリガンでセクシーヴァンパイアを引いてしまう問題の他にも

・積極的にキープしたい訳でもない2コスも多いが、返してしまった場合2パスするリスクも高くなる(特に先攻)
・進化権の切り先が難しい(ラウラは進化対象として適切か?復讐じゃないのにユリウスに進化を切るか?等)
・進化を切るタイミングが難しい(体力が十分ある状態でアザゼルに進化を切って良いか?等)
・バフ対象が難しい(ラウラで疾走付与できない時にどれをバフ対象として選ぶか?等)

などの問題があり、なかなか難しいデッキですね。あーしんどい!

更にプレーの他にも、構築にも様々な幅があり

・不穏なる闇の街
・麗しのサキュバス
・血の取引
・犇めく悪鬼
・ルインドリーム・ナイトメア

これらは採用枚数が分かれるカード群ですね。というか復讐ヴァンプの3枚確定枠は少ない気がする。

後日こうしたプレーや構築についても私なりの考察記事を書きたいと思います。ので、乞うご期待!してくれると嬉しいです

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

© Cygames, Inc. 当記事で使用したゲーム内画像の著作権・商標権・その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました