プログラミング初心者がAtCoderに挑戦してみたお話。【その10】

AtCoder 初心者 プログラミング

おはこんばんちは。じんせーです。

今回は12/8(日)に行われたAtCoder Beginner Contest 147参加記です。

前回の記事はこちらからどうぞ。↓

プログラミング初心者がAtCoderに挑戦してみたお話。【その9】
お久しぶりです。じんせーです。 最近寒くなってきましたが、2000円で買ったヒーターがいい感じで冬を越せそうな予感がし...

さて今回の結果を見てみましょう。
(サムネで大体どんな結果か想像つきそうですが…)

結果

AtCoder 初心者 Python

順位:2277位/5316人中
パフォーマンス:834(緑色)
レート:814

解けたのはAとBのみ、2完でした。

3回連続でパフォーマンス800ちょいという結果に…。

個人的には、現在の経験値だと最低パフォーマンス1000には達しないとヤバいなと思っているため、3回連続でこのような結果になってしまったのは悔恨の極み。

今回このような結果になってしまった原因は
C問題の1フレーズの読み間違い。

不親切な人が「真偽不明の証言を行う」という部分を
「真実とは逆の証言を行う」と勘違いしてしまってました…。

開始後50分ちょい前に1回目の回答を提出しましたが、(この時点で結構遅い)
その後コンテスト終了時刻まで50分ほど考えても全く気づかず

(不親切な人の証言によって条件が制約されることは全くないため、情報量0はなんですよね。
従って、不親切な人の証言に基づいて書いた部分を丸ごと削除して提出したらそれでACでした。。)

前回もこんな感じのケアレスミスをした気がするし、どうしたものか。
なんだか思考に濁りがある感じがします。

レートが下がらなかったのだけは唯一の救い。
正直2完だと灰パフォしか出ないんじゃないかと思った

次回以降

今回や前回のようなケアレスミスを極力減らす
というのをテーマに挑みたいと思います。

今回はここまで。
AtCoderタグで他の回の参加記も綴っているので、
興味がある方は是非。

それでは次回またお会いしましょう。

【追記】
続きの記事を書きました!

プログラミング初心者がAtCoderに挑戦してみたお話。【その11】
こんにちはじんせーです。 もう年末ですね。 今回は12/22(日)に行われたAtCoder Beginner C...

こちらもぜひ~

コメント

タイトルとURLをコピーしました