プログラミング初心者がAtCoderに挑戦してみたお話。【その6】

スポンサーリンク
6 プログラミング

こんにちは!じんせーです。

前回のAtCoder記事からだいぶ時間が空いてしまいましたが、
久しぶりのコンテスト参加記です。サムネの謎の犬は何なのか?とかは突っ込まんといて

プログラミング初心者がAtCoderに挑戦してみたお話。【その5】
こんにちは~ 昨日(9/16)行われたAtCoder Beginner Contest 141に参加したので、その感想...

↑前回の更新が一ヶ月以上前でした。ちょっと休憩長いね

今回は10/27(日)に行われた、AtCoder Beginner Contest 144参加記となります!

↓結果はこちら↓

スポンサーリンク

結果

あ

順位:1142位/5557人中
パフォーマンス:1266(水色)
レート:605

自分にしてはそこそこの出来。

30分と少しで4完だったのですが、ちょっと算数要素が強いなと感じました。

コンテスト中「流石に易しめな気がするし今回もあまりいい成績ではなさそうだな…」とか思っていましたが、
Dまで解き切るのが比較的早めだったためか運良く水色パフォが出ました。やったね!

しかし相対的に早めであったとはいえ、自分の中では問題理解してコード書ききるまでがのろかった上に、特に1WA出してしまったのは反省。

スポンサーリンク

でも君、結局アルゴリズム力は身に付いていないんじゃない?

はい。その通り。

前回水色パフォが出た時も、
プログラミング力/アルゴリズム力というよりはパズル/数学要素が強めの問題を正解した回でした。。

逆に茶色パフォが出ている回は、
恐らく典型と思われる二分探索・priority que等の基礎を知らなかったために解くことが困難だった回です。

僕のAtCoder参加目的は、コンテストそのもののために出るというより、
Python自体に慣れること・アルゴリズムを学んで制作物に役立てるという側面が強いです。
従って今回のような出題で比較的調子の良いレート出せても、本来の趣旨には沿わないという…。
(競争は好きなので、成績が良いとやっぱり嬉しい部分はあるのですが)

新たに学んだアルゴリズムを咀嚼して血肉とした上で、
そのアルゴリズム面での成長によって明確にパフォーマンスが上がったと実感できるレベルにしていきたい!

気長に頑張ります。

【追記】
続きの記事を書きました!

プログラミング初心者がAtCoderに挑戦してみたお話。【その7】
こんにちは。じんせーです。 今回は11/9(土)に行われた、第二回全国統一プログラミング王決定戦予選参加記となりま...

こちらも是非ご覧ください。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました