iPhoneをパソコンにつないだ時に勝手にフォルダが開くのを止める方法【Windows10】

スポンサーリンク
接続 アプリケーション

iPhoneをLightningケーブルでPCに接続した時、
勝手に以下のようなフォルダが開いてしまう…といった事はないでしょうか。

ふぉ

この記事では、iPhoneをPCに繋いだ時に、
一々上記のフォルダを表示させない方法を説明します。

上のようなフォルダを表示させないためには、
「自動再生の設定をオフにする」ことが解決策となります。

①ウィンドウズのスタートボタンを押し、
スタートメニューから歯車アイコンの「設定」ボタンを選ぶ。

これ

「これ」です笑

②「Windowsの設定」と書かれたウィンドウが開くので、
その中から「デバイス」メニューを探しクリックする。

せ

③以下のようなウィンドウが開くので、
左メニューの中から「自動再生」メニューをクリックする。

あ

④以下のような画面に移動するので、
「自動再生の規定の選択」項目の中から「Apple iPhone」を探し、
ドロップダウンメニューを開いて「何もしない」を選択する。

い

完了!

これで、iPhoneをパソコンに繋いだ時に、
その都度フォルダが開くこともなくなります。

以上の方法はiPhoneだけでなく、別デバイスをPCに繋いだ時&読み込ませた時にも使えます。
(CDを読み込ませた時など)

是非ご活用くださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました