【Taotronics】TT-EP002を徹底レビュー!【ノイズキャンセリングイヤホン】

taotronics ノイキャン デジタルガジェット

こんにちは。

3ヶ月前にTaotronicsのTT-EP002というノイズキャンセリングイヤホンを買いました。
3ヶ月間使ってみた感想をレビューします。

taotronics ノイキャン

tt ep002の使用感をレビュー!

・ノイズキャンセリング機能に関して

ノイズキャンセリングONで使用すると、普通のイヤホンに比べて確実に静かになります

イヤホンを装着しノイズキャンセリング機能をオンにした瞬間に、例えば近くにあるパソコンのファンの音が明らかに軽減されるのがわかります。6~7割前後カットされる感じ。

よって、環境音全般の音量をマイルドにするという目的で購入するのに適しています。

※ただし、完全に音を遮断する、0にするのは厳しいです。
たとえば、「近くの公園で遊んでいる
子供たちの声」を小さくしたい場合、全体的なザワザワ…という音は意識しない程度になります。しかし、「キャー!」という奇声や、特徴的な音域の音ですと、音楽を流していない場合は普通に認識できてしまいます。

「人の声を完全に消す」のは、TT-EP002に限らず、高価なノイズキャンセリングイヤホンでも限界があるみたいです。

・充電速度が非常に速い!使用感は普通。

このイヤホンで筆者が一番気に入っている点は、充電の速さ・持ちです。

1時間と少し充電しただけで、おおよそ1日通してノイズキャンセリングをONにした状態で使うことができます。

皆さんご存知の「AirPods」等のワイヤレスのノイズキャンセリングイヤホンは充電時間に対し使える時間が短い上に、「充電しながら音楽を聴く」ことができません。

一方で、TT-EP002充電の持ちが長い上に「充電しながら音楽を聴く」のも可能です。
付属の充電コードは短いので、音楽を聴きながら充電したい場合は、Lightningケーブル等を使いましょう。iPhoneのLightningケーブル等で、このイヤホンをバッテリーにつなげば、普通に充電することができます。

ただデメリットとして、走っている時や、頻繁に体を動かすケースでの使用はあまり向いていないかも。
外側が特殊な素材になっているため、風がビュンビュン吹く音が目立ってしまいます…。

運動中以外で、勉強時や移動中の車内などで音を静かにして音楽を聴きたい!という時の使用に向いています。

おまけ:音ゲーにも結構向いてる。

うるさい環境で音ゲーをしようと思ったら、このイヤホンは結構役に立ちます
打鍵音だけ残しながら、別筐体のうるさい音は軽減してくれます。
イヤホンを付けないで音ゲーすると周りの音が邪魔すぎる…!という場合は、このイヤホンのノイズキャンセリング機能をONにした状態でプレーしましょう。

総合評価

ノイズキャンセリング機能:7点/10点(過不足なしの標準的なノイズキャンセリング機能。)
使用感:7点/10点(充電に関しては◎。頻繁に動く時に使うには向かないかも。)

・いきなり「AirPods Pro」や「Quiet Comfort」などの高いものには手が出せないけど、お手軽にノイズキャンセリングの効果を感じてみたい人
・全ての音を完全に遮断するのではなく、音量を6~7割前後減らせればOK!という人
・こまめな充電をついつい忘れがちな人

こういった方向けのノイズキャンセリングイヤホンだと言えるでしょう。

上記に心当たりがある方はぜひTT-EP002を試してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました