スクショを一瞬で自動保存してくれる「winshot」が便利な件。

スポンサーリンク
アプリケーション

「スクリーンショットを連続で保存したいけど、windows標準搭載のスクショ機能だと一枚が一時的にしか記憶されないから不便!」

という思いをしたことがある人は多いのではないでしょうか。

 

そんな人にオススメなのが、winshot(ウィンショット)というソフト。

このソフトを使えば、ショートカットキーひとつで自動的にスクリーンショットを保存してくれるようになります。

さながらiPhoneのスクショ機能のように、一瞬でスクショをとり自動保存を行ってくれます。

 

例えばブログ主はゲームのプレー中、スクリーンショットを連続でとっておきたいことがよく起こります。

そんな時にwindowsのスクショ機能では「ペイント等に貼り付け→保存」という手順を踏まなければいけないため、手間がかかります。

ですがwinshotを利用すると、ショートカットキー一発で自動的に保存してくれます。

一々面倒な保存作業をしなくてよいので大変便利ですね。

 

 

・ダウンロード方法

窓の杜Vectorといったサイトからダウンロードします。

 

 

・使い方

ウィンショットを起動すると、タスクバーの部分に以下のようなアイコンが出てきます。

このアイコンがでてきたら、「winshotが起動した」という合図になります。

(インジケーター内に隠れている場合もあるので、その場合矢印をクリックして探して下さい)

 

まず初期設定を行うために、このアイコンをダブルクリックします。

ダブルクリックすると、今度は以下のような「WinShot環境設定」のウィンドウが出てきます。

 

 

色々項目がありますが、大まかに「基本設定」と「ホット・キー」のタブだけ見れば大丈夫です。

 

まず上記画像の「基本設定」タブですが、ここでは自動保存したスクリーンショットの保存先などを指定します。

好きな保存場所を指定して下さい。

(何も指定しない場合、ウィンショット本体が入っているファイルと同じ場所が保存指定されているかと思います)

 

次に「ホット・キー」タブですが、ここで「どのショートカットキーでどういう形式で保存するか」をカスタマイズします。

 

 

上部のボックス内から設定したいメニューを選択し、「ホット・キー(H)」の部分でショートカットを割り当てます。

例えば上の画像では、「アクティブウィンドウ」を「PrintScreen」ボタンにより「JPEG形式で」自動保存する設定になっています。

 

 

・オススメの設定

このソフトは、「PCのデフォルトの機能としてスクショの自動保存機能を追加する!」という類のソフトではありません。

→ウィンショットが起動している状態でないと、スクショの自動保存機能は使えません。

したがって、常にスクショを使いたい場合は、PCの電源を入れ直すたびに毎回起動しないといけません。ですがそれでは不便ですよね。

 

そこで、「スタートアップ」にwinshotを登録するのをおすすめします。

一度「スタートアップ」に登録されたアプリケーションは、パソコンを起動すると自動で立ち上がる設定になります。

 

※「スタートアップ」への登録方法は、こちらの記事を御覧ください。(他サイト様の記事です)

 

スタートアップへの登録は普段あまり使わない機能を使うので慣れないかもしれませんが、一度覚えてしまえば他のことにも応用が効き便利ですので、是非やってみて下さい。

 

 

説明は以上になります。ぜひスクショ自動保存機能を活用してみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました