SOUND VOLTEX 暴龍天合格までの道のり ~縦トリルは親指と中指で取ろう!~

スポンサーリンク
縦トリル ファイルサイズ圧縮番 音ゲー

こんにちは。最近専ら家ボルテばかりしているじんせーです。
「暴龍天合格までの道のり」シリーズ(?)第3弾です。

今回は具体的な技術…指の使い方に関しての解説記事その1です。

(↓前回までの記事はこちら。未読の方は読んでみて下さいね。↓)


https://nvspace.net/sound-voltex-lv-inf/

スポンサーリンク

縦トリルは親指と中指で取ろう

タイトルは若干省いた書き方になっていますが、
今回の記事はFX↔B/Cのトリルの取り方」についてです。

「FX↔B/C」トリルは、例えばQuietus Ray[HVN]のこことか

くわいたす

みたいな配置を指します。

この配置は特に運指についての意識をしない限り、
「FXを親指、Bボタン/Cボタンを人差し指で取る」
のが普通だと思います。

…でもこれ正直押しづらいと感じませんか?

僕は押しづらいと感じますし、ミスらないにしても安定しないと感じます。

なので、この配置が降ってきた時はいつも
「FXを親指、Bボタン/Cボタンを中指で取る」ことにしています。

あ

↑この押し方ですね。
人親でなく中親で取ることで、
FX↔B/Cトリルが段違いに安定します。

スポンサーリンク

トップランカーはどう取ってる?

一介の無枠暴龍天が言っているだけだと心許ないので、
トップランカーの運指の例を見てみましょう。

例えばYouTubeで有名なボルテ動画投稿者、
DDXさんは、この縦トリルを中親で取っています。

【SDVX】 Quietus Ray [HVN] PUC (Hand Shot)

↑冒頭の例で挙げたQuietus Ray[HVN]の縦トリルです。
因みにガーベラリミの縦トリルでも同じくDDXさんはこの取り方をしています。

他にもCORBYさんのクワイタス天PUC動画も見てみると、
少し異なりますが「中指と人差し指でBボタンを押す」運指です。

いずれにせよ、人差し指のみで押すより中指を使う方が押しやすい。
というのがトップランカーの方でも同じだということが推察されます。

スポンサーリンク

チーズバーガー配置もこれの延長にある。

単なる縦トリルのみならず、下記のようなチーズバーガー地帯も、
「FX↔B/Cトリルを中指を用いて取る」運指が応用できます。

ち

例として先ほどに引き続き、
DDXさんの「極圏の開幕」の動画を見てみましょう。

【SDVX】 極圏 [HVN] PUC (Hand Shot)

ここでも同様に「人差し指オンリーでB,Cを押す」運指ではなく、
「中指を使って押している」ことがわかります。

筆者に関してもこれと同様の運指を用い、
ECHIDNAや極圏の開幕のチーズバーガーはかなり安定して光らすことが出来ています。

ちーず
チーズバーガーうめぇ

スポンサーリンク

それでも、結局上手い人は普通に人差し指を使えるのでは?

それに関しては確かに否定できません。

超上級者…例えば8thKACチャンピオンのMINIさんのプレー動画を見ると、
この配置を人差し指と親指で簡単に捌いています。

8thKAC SOUND VOLTEX 決勝戦(LV.MINIさん) 抜粋

(↑KAC本番。超越天のチーズバーガー地帯を、B,Cを人差し指で押すタイプの運指により片手で捌いています)

ごく一部のトップランカーしかPUC出来ない超高密度譜面レベルになると、
特筆して縦トリルとは言えないような配置であっても必然的に人親を高速で往復することに近い動きが要求されるため、人↔親の動きがかなり鍛えられていると思われます。

よって、人差し指で取るのと殆ど安定度が変わらないレベルの実力帯の方は普段からの慣れによって、容易に人差し指を使って捌いてしまうでしょう。

ですが、人体の構造的に基本は
「人↔親」より「中↔親」の方が、絶対的にFX↔B/Cトリルの動きを行いやすいと筆者は考えています。

従って先に述べたように
「初見の時にこの縦トリル降ってきたが、咄嗟の判断が必要で構えている余裕はない」
といったケースや、
「縦トリル地帯の16分前後等にすぐ他の配置が来るような場合」

これらを除いては中親で取ったほうが安定度が高くなるというのが結論だと思ってます。

スポンサーリンク

まずは試してみてほしい

「今まで中↔親でこの縦トリルを取る意識は特にしたことなかったよ。」
という方は、是非一度この運指を試してみて下さい。

今後も運指諸々の技術についての記事を更新予定なので、
機会があれば是非!見ていただけると嬉しいです。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました